Jaringo/Japoriginal

ブラジルなどで「Gringo」(グリンゴ)という言葉/表現があります。アメリカ(US、北米)人などを指す言葉です。
スペイン語の「ギリシア語/ギリシア人」から来ているそうで、「自分たちの言葉以外の言葉を話す人たち」というのが語源のようです。中南米で使われる、という状況的に、スペイン語やポルトガル語を話さない、アメリカ大陸の住人=USやカナダから来た人たちを指して使われていた、のが転じたか何かなのでしょう・・・

さてさて・・

ブラジルで日本人を表す、「Japonês 」については、少々やっかいなことがあります。もちろん、日本生まれの日本語を話す人=英語で言うJapanese=「Japonês 」で、通じるのですが、普通に「Japonês 」(ジャポネス[Pt]/ハポネス[Es])と言った場合、サンパウロとかに住む(クリチバ[パラナ州]もそうでしょうね・・)日系人も「Japonês 」なのです。
…ということで、新しい表現/言葉を考えてみました。

Jaringo

(ジャリンゴ)

定義
Jaringo(ジャリンゴ)・・・日本で生まれた日本語を母語とする人たち。国籍は日本の場合が多いでしょうが、今の時代、色々でしょうね・・とりあえず、日本語ネイティブ全般を、「Japonês 」(ジャポネス[Pt]/ハポネス[Es])と区別してジャリンゴ(Jaringo)と呼ぶのはどうでしょう?

または

Japoriginal

というのはどうでしょう?Japo〜と「元々」を表すoriginalの合成語。

コメントを残す